審査

サラ金の審査に落ちるのには理由がある、その原因と解決策まとめ

サラ金の審査

多くの人がサラ金からお金を借りることができているのですが、なかには審査に落ちてしまう人がいるのも事実です。

「サラ金の審査に落ちてしまった。
「他のサラ金に申込んでもいいのか?」
「審査落ちの原因って何なんだろうか?」

サラ金は審査内容や落ちた理由については、問い合わせても一切教えてもらえませんので、不安に思うのも無理はないでしょう。

ここでは、サラ金の審査に落ちる原因を中心に解説していき、審査に関わる疑問に答えていきます。

審査の特徴や仕組みが分かれば、次回どうすべきか対策を立てることができますので気になる人は参考にしてみて下さい。

審査なしで借りれるサラ金はある?

審査なしでサラ金からお金を借りることは絶対にできません。サラ金は、貸金業法という法律により無収入の人にお金を貸すことが禁じられています。

もし、審査なしでOKとする業者があるとすれば、それは闇金ですから絶対に利用してはいけません。闇金を利用すれば、高金利で借りた金額以上の利息を支払う可能性だってあるのです。

もしどこからお金を借りるか悩んだら、プロミス、アコム、アイフルなどの正規のサラ金を利用すべきですよ。

サラ金の審査で重要な点

サラ金からお金を借りるためにはまずは、審査をクリアしなくてはなりません。無収入のように返済能力がゼロと判断されれば確実に審査落ちです。

ここでは、サラ金の審査で重要なポイントを紹介していきます。

年収

年収は審査の上で大切なポイントですが、金額ではなく安定性が重視されます。例えば月収10万円で年収120万円の人と、3ヶ月で120万円稼ぎ残り8ヶ月無収入の人とでは、どちらも年収120万円ですが、サラ金の審査で通りやすいのは前者の毎月10万円の収入がある人です。

借りたお金は毎月少しずつ返済をしていくので、収入は毎月あるほうが返済しやすいのです。なので自分は収入が少ないから無理だと諦める必要は全くありません。アルバイトやパートでも月の収入に差が大きくない人なら十分審査通過の可能性があります。また、サラ金が個人に貸せる金額は貸金業法の総量規制で3分の1までと決まっています。

収入0円だと貸せる金額も0円になりますから無収入の人は審査に受からないわけですね。ですから、申込の段階で総量規制をオーバーする希望額で申込むのは避けてください。例を言うなら年収100万円なら30万円が上限です。この法的な上限金額ギリギリよりは、余裕のある方が貸しやすくなるでしょう。

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど高評価です。会社に長く勤めていれば、簡単に辞めるとは考えにくいですので、収入が将来にわたって安定するだろうという判断ができます。

その一方、転職回数が多かったり、勤続年数1年未満だと、会社を辞めてしまう可能性がぬぐえません。会社を辞めれば収入がその分減るわけですから、サラ金も安心してお金を貸すことがし辛くなります。

これは正社員やアルバイトといった雇用形態に関係なく、同じ職場に長く働いている方がいいのです。

他社からの借入れ件数

既に他の借入がある人は、無い人に比べて審査が不利になります。理想は他社借入0件です。しかし、1件、2件他社借入があっても、ローンの総額が年収の3分の1以下になるなら、法的には可能です。

反対に、新たなサラ金の借入が加わることで、年収の3分の1をオーバーするなら絶対に審査にとおりません。しかし、法的に融資可能な金額であっても他社借入件数が多いと、毎月の返済負担が増えるわけですから、審査に通りづらくはなります。

一般的に3件以上の借入だと審査に落ちやすくなると言われていますよ。他社借入が多い人は、1件でも借入件数を減らしてからサラ金に申し込むと審査に通りやすくなるでしょう。返済負担がより低くなることもそうですが、返済をした実績が信用評価につながります。

サラ金の審査に落ちてしまう原因

審査に落ちた

サラ金の審査に落ちてしまった人は、次の条件に当てはまっている可能性が高いです。

  • 申込情報の記入ミス
  • 借入希望額が高額すぎた
  • 複数の申込をした
  • 過去に延滞をしたことがある

ここでは、それぞれの原因について詳しくみていきましょう。

申込情報に誤りがある

申込時には年収や勤務先、他社からの借金などをサラ金に伝えそして、サラ金は申込時の情報を元に審査を実施します。

信用情報をチェックすれば、現在の借金や借りているローンがなんなのか一発で分かります。

勤務先も在籍確認をとればウソか本当か分かります。虚偽の申込はサラ金にバレてしまいますので、必ず正直に申込をしましょう。

借入希望の額が高額

借入希望額が高額になればなるほど、審査はより慎重に時間のかかるものになります。

万が一貸したお金を返してもらえない場合、融資金額が大きいほど損害が大きくなる恐れがあるためです。

審査通過を第一に考えるなら、自分が必要とする金額以上の融資を希望しないことです。あくまで必要最低限の金額に留めて申込むことが重要です。

複数申込

複数のサラ金に平行して申し込むと審査に落ちる可能性が高まります。まず、銀行もそうですがサラ金に申込むと、カードやローンの利用履歴同様に信用情報に申込んだ事実が記録されます。

ですから申込先のサラ金で他社のローンの申込事実が確認できるのです。もし、申込件数が同時に何件もある場合は、「余程お金がなくて困っているのではないか」と思われる可能性があるのです。

俗にいう「申込ブラック」という状態になってしまいます。従って、複数のサラ金を同時に申込むのはやめましょう。1件づつ結果を確認しながらの方がいいですよ。

延滞の記録がある

CIC、JICCというサラ金が加盟している信用情報機関では3ヶ月以上の延滞は事故情報として記録されます。別名で「ブラックリスト」と呼ばれるもので、この記録があれば審査に間違いなく落ちます。

サラ金は、信用してお金を貸すので延滞は信用を損なう行為ですから、一度も延滞形跡がないのが理想的です。

2、3日遅れの延滞が1、2度程度なら問題にはならないかもしれませんが、頻繁に延滞を繰り返している人は、きちんとお金を返済してくれないかもしれないと判断されやすくなります。

この場合、審査に落ちる?サラ金の審査に関する疑問

審査落ちになる

ここからは、この場合だと審査に落ちてしまうんじゃないかと多くの人がサラ金の審査で感じている疑問をみていきましょう。

もし該当しれいるのならば申込前に対策を施しましょう。

専業主婦だと審査に落ちる?

専業主婦(主夫)はサラ金の審査に受かりません。その理由は、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなど大手のサラ金業者は、申込資格で「安定した収入」があることを要件に含めており、原則、定期的な収入が毎月あることを求めているのです。

アルバイトやパートが申込めるのはバイト代があるからで、収入のない専業主婦(主夫)はそもそも申込を受け付けていないので、主婦(主夫)の人は、バイトやパートをして収入を作るようにしなければなりません。

金額によりますが、6ヶ月以上の労働履歴が作れるとサラ金からの融資のチャンスが増えるでしょう。

外国籍だと審査に落ちる?

外国人だからという理由だけでサラ金が利用できないわけではないので安心してください。日本に住所があり働いているのなら外国人でもお金を借りることが可能。

その場合、在留カードや特別永住者証明書などを提出して審査で本人確認をすることが必須です。利用限度額は少額(5万~10万円程度)に設定される可能性もありますが、日本人同様に、年収、雇用形態、勤続年数や勤務先など審査でチェックされます。

ですから、日本に来たばかりの外国人の場合、審査で不利になるでしょう。長く日本に住み、日本で働いている人ほど審査に通りやすいといえます。

資金用途によって審査に落ちる?

サラ金の借入サービスは、資金用途が自由となっています。ですから、生活費、旅行代、資格取得など借りたお金を自由に使ってOKです。

ただし、自由といっても事業性資金はNGとするサラ金もあります。その場合は、会社やビジネスでかかるお金の資金調達を目的としては使えませんので注意してください。

事業性資金用の融資は、独立した貸付メニューとして取り扱っているサラ金がほとんどです。

まとめ

サラ金の審査で落ちる理由と審査で重要なポイントを解説しました。

サラ金は闇金ではなく正規の貸金業者であり、サラ金からお金を借りる場合は必ず審査があります。

最後にサラ金の審査の重要ポイントをまとめます。

  • 審査なしでお金を借りるサービスはサラ金に絶対ありません!違法な業者ですから利用しないように。
  • 収入は毎月得られることが重要。金額より収入の継続性の方が評価される。
  • バイトやパートでも審査申込可能!
  • 他社借入が多いと審査落ちの原因に。1件あるいは総額を減らしてから申し込むほうがいい
  • 同時に複数のサラ金に申し込むのはNG。1件ずつ申し込もう

サラ金は、貸したお金を返してくれる信用のある人にしかお金を貸しません。

審査に落ちても理由は教えてもらえませんから、審査落ちの原因をこの記事で突き止めましょう。