金融機関

サラ金のアコムは安全な会社!?安心申込できる特徴を詳しく紹介!

サラ金と聞くと何だか良くないイメージを想像しますよね?ドラマや映画などでは怖い人が演じていることが多いせいかもしれません。

「アコムでお金を借りても大丈夫なの?安全?」
「サラ金のアコムのメリットが知りたい」

実は、アコムは国に認められた正規のサラ金業者です。違法な業者ではないのです。

にもかかわらず、闇金と同じようなものと誤認されている現実があります。

ここでは、サラ金アコムの安全性を解説し、アコムでお金を借りる際に知っておくべき様々なポイントを紹介していきます。

アコムは金融庁に登録されているサラ金業者

サラ金と聞くと、闇金と同じように怖くて悪いイメージを持っている人は多いでしょう。

一方、銀行もサラ金同様に個人向け融資を行っていますが、銀行にはこのような悪い印象は持っていないでしょう。

悪い印象が根付いたままでは、金融サービスを十分に提供できません。ですから、このマイナスイメージを払拭すべくサラ金のことを消費者金融と呼ぶようになりました。

サラ金は闇金ではなく消費者金融なのです。サラ金と闇金の決定的な違いは、正式な貸金業者としての認可を受けているかどうかです。

アコムは金融庁から許可を受けた正規の貸金業者であり、このような正規の業者は、必ずホームページ上で、登録番号を掲載しなければならないことになっています。

※アコムの貸金業者登録情報(2018/9/20現在)
登録番号: 関東財務局長(12)第00022号 日本貸金業協会会員 第000002号

それに対し、貸金業の認可を受けることなく、法律を完全に無視して営業しているのが闇金です。当然ですが、アコムのように貸金業の登録番号は確認できません。

それどころか、連絡先が固定電話ではなく携帯電話であったり、企業の住所が載っていなかったりします。

アコムはテレビCMや広告の露出も多く、たくさんの人に知られています。金融庁の監視も常にありますから、安全な貸金業者なので安心してください。

アコム
実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 1~800万円 最短30分
無利息期間 返済方式 遅延利率
あり 低率リボルビング方式 20.0%

安全なサラ金業者のアコムなら取り立てもない?

返済を忘れて支払いが遅延すれば、アコムから催促の連絡などで取り立ては行われます。融資を受けた以上、返済は義務ですから、そのまま何の連絡もない状態が続くことはありません。

ただ基本的に取り立ては電話やはがきなどでドラマや映画のシーンをイメージしたような怖い取り立ては無いので安心してください。

もちろん、返済を怠らなければ、そもそも取り立てはありませんよ。

法外な金額を請求されることはない

アコムの金利は「3.0%~18.0%」です。利息制限法における金利の上限は20.0%ですからアコムは法律の範囲内の金利でお金を貸してくれます。

ですから、法外な金額が請求されることは決してありません。利息は決して高いものではないですよ。

例えば、金利18%でお金を借りたときに、最大でひと月いくら利息がかかるか紹介します。

借入金額 ひと月の最大利息額
5万円 750円
10万円 1,500円
20万円 3,000円
30万円 4,500円

数千円程度の利息ですから十分支払い可能な金額でしょう。もちろん借りる金額が大きくなればなるほど利息額も大きくなります。

もし、返済に遅れそうな場合は、返済日前にアコムに相談をしましょう。その月の支払いは利息のみでOKといった代替案などを検討してもらえますよ。

怖い人が家に来ることはない

自宅の前にきて大声を出して返済を迫ったり、脅迫して取り立てることは、アコムのような正規のサラ金業者ではまずありません。

そもそも、貸金業法という法律で、取り立てに関して厳しくルールが作られているのです。個人を直接傷つける言葉や行動、プライバシーを侵害する行為は禁止されています。

基本的に取り立ては、電話や郵便の封書による通知です。怖い人が直接家に来るようなことは決してありません。

いきなり裁判もない

返済に遅れてすぐの取り立てで、「払わないのなら裁判に訴える。裁判で争いたくなければ早急に支払え」など架空請求詐欺のようなことを、サラ金側から言われることは絶対にありません。

ただし、延滞を放置すると最終的には裁判になる可能性があります。延滞初期の段階では、電話やはがきによる通知ですが、それでも支払ってもらえない場合の最終手段が裁判なのです。給料の差押えや、金額によっては不動産などの資産売却をしなければならなくなります。

このようにサラ金であっても支払いの催促を無視し続ければ裁判になる可能性があります。返済が厳しいのなら、アコムに連絡して一定期間は利息のみの支払いにしてもらったりなど、返済計画の相談をするほうが賢明ですよ。

サラ金のアコムを利用するメリット

アコムは貸金業の認可を正式に受けたサラ金で違法な業者ではありません。それに加えて、三菱UFJフィナンシャルグループの一員でサラ金の中でも大手なのがアコム、最も安心して利用できるサラ金といえます。

ただし、サービスが利用者にとってお得なものなのかどうかは別の問題です。そこで、ここからは、アコムのメリットについてみていきましょう。

最短30分で審査完了

サラ金の中でも最速のスピードを誇ります。申込んでから最短30分で審査が終わります。

しかし、申込が混雑していると30分より長い時間の審査になる可能性もあります。

申込したその日に融資が受けられる

アコムは申込をした当日中に融資が受けられます。最短30分のスピード審査に加えて、自動契約機(むじんくん)に行けば、即カード発行ができるためです。

お金を借りるサービスで、申込日にカードを受け取れるものは優良な大手サラ金以外にないでしょう。

また、アコムの場合は、カード以外に銀行振込やネットバンキングなど、お金を借りる方法が多彩なのです。雨で外に行きたくない人であっても即日融資が可能。

カードローン機能付きのクレジットカード

他のサラ金にはほとんどないアコムのユニークな特徴です。アコムは「ACマスターカード」という自社のクレジットカードを販売しています。

カードローンでお金を借りることができ、また、買い物やネットショッピングでカード払いができるわけです。

国際ブランドはMastercardですから、国内だけでなく海外でも利用可能。年会費無料ですから持っていても損はありません。

初めての利用なら30日間の無利息期間

アコムを初めて利用する人に限り、30日間の無利息期間サービスが特典として利用できます。これは、大変お得なシステムで、契約日の翌日から30日間金利0%になります。

すると、この30日間は利息がかかりませんから、借りたお金を無利息期間内に全額返済してしまえば、利息が無料になります。

全額返しきれなくても、最初の1ヶ月間利息がかからなければ、無利息期間中の返済金額は全て借りたお金の返済に充てられるということ。有効利用すれば間違いなく効果絶大です。

アコムに申込むための条件

お金を借りたい人全てがアコムを利用できるわけではありません。

申込後の審査に受からないといけませんが、審査通過の最低ラインは申込条件をクリアすることです。

ここでは、サラ金のアコムの申込条件についてみていきましょう。

20歳以上70歳未満

アコムは未成年の利用は不可であり、70歳以上の申込も不可です。学生でも申込可能ですが、20歳以上でないとダメです。

お金を借りれば返済する義務が発生し、責任を伴うのです。ですから、成人した大人でないと利用ができないのです。

また、アコムは69歳以下OKとしていますが、これは他のサラ金の中でも高い年齢になります。仕事を退職してアルバイトをしている60歳以上の方でも十分利用できます。

安定した収入を得ている

これはとても重要な申込条件です。安定した収入がないと審査で落とされます。

借りたお金を毎月返済していくわけですから、月1の給料が得られない人にはお金を貸すのは難しいということです。

高額な年収よりも、毎月一定の給料が手に入る方が重要なのです。ですから、固定給のサラリーマンも全然問題ありませんし、アルバイトやパートであってもOKです。

雇用形態は関係ありません。年齢はOKでも、無収入なら間違いなくアコムの審査は通りません。

サラ金に申込できる人とできない人

アコムに申込める人と申込めない人の境目は、収入があるかどうかです。収入があり、かつ安定しているなら問題はないでしょう。

一方、毎月一定の労働収入が得られない無職、専業主婦(主夫)や年金受給者などは利用ができません。

「申込できる人」
※外国人は在留カード、自営業は確定申告の書類提出が必要

  • 会社員
  • 学生
  • アルバイト
  • パート
  • 派遣社員
  • 公務員
  • 主婦
  • 外国人
  • 自営業

「申込できない人」

  • 専業主婦(主夫)
  • 年金受給者

アコムへの申込方法

アコムの申込方法は全部で4パターンあります。

  • インターネット
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送
申込方法 受付時間
インターネット 24時間365日
電話 24時間365日
店頭窓口 9:30~18:00(一部19:00まで)
自動契約(むじんくん) 9:00~22:00

※審査受付時間と審査回答時間は異なります。

自分の好みに合わせて最適な申込方法を選べることができますね。それでは、申込方法それぞれについて詳しくみていきましょう。

インターネット

公式サイトからの申込でインターネットに繋がったスマートフォンやパソコンから申込手続きができます。

アコムの支店に行く必要がないですし、24時間365日いつでも申込可能です。

天候の影響も受けませんし、自宅や職場で申し込めますから、最も簡単で便利な申込方法です。

店頭窓口・自動契約機

アコムの窓口や自動契約機(むじんくん)で申込が可能です。家や会社の近所にあればいいですが、そうでない場合は行くまでの手間が発生します。

しかし、すぐに相談できるメリットがあります。自動契約機(むじんくん)にも電話が備わっているので連絡ができるのです。

また、日中働いてる人がアコムの窓口に行く場合は、半休をとったりするなど時間を作る必要があります。しかし、自動契約機(むじんくん)は夜10時まで営業しているので、仕事帰りに寄ることができます。

電話

電話は24時間365日対応ですが、18時以降にかけると審査結果は翌日回答になります。即日融資を希望する人は、遅くとも17時までには電話をかけておきたいところです。

また、電話で担当者の質問に答える形で申込情報を作っていきます。公式サイトの申込フォームで入力する情報を口頭で聞かれるイメージですね。

電話はすぐに繋がればいいですが、混み合っているとしばらく待ちが発生する可能性があります。その点、公式サイトは持つことなく申込を済ませることができるメリットがあります。

郵送

まだ検討中の段階でアコムを利用するか決めきれていない人はいいかもしれません。

郵送の申込は、電話をかけて書類を送ってもらうよう伝えます。この中では最も申込に時間を要する方法です。

アコム

アコムの申込詳細はコチラ

必要な書類に関して

必ず本人確認用の書類の提出が必要になります。アコムが求める書類は「運転免許証」です。

免許証を発行していない人は、個人番号カードか健康保険証のどれかの提出でOKですが、注意すべき点があります。

マイナンバーは個人番号カードはOKですが、通知カードは不可です。また、健康保険証を提出する場合は、公共料金の領収書や住民票など、保険証以外の書類を1点追加しなくてはなりません。

アコム対応の本人確認書類 備考
運転免許証 免許
個人番号カード 運転免許証を持っていない場合
健康保険証 運転免許証を持っていない場合

本人確認用の書類提出が必須であったのに対して、収入証明書は必須ではありません。

収入証明書は、次の2パターンのうちのどれかに当てはまると提出が必要になります。

  • アコムの限度額が50万円を超える人
  • 他のローンがあり、アコム含めてローンの総額が100万円を超える人

収入証明書は次のいずれか1点でOKです。

源泉徴収票か給与明細が理想ですが、もし最新のものが手元にない場合は、会社に相談して取り寄せておくとよいでしょう。

アコム対応の収入証明書類 備考
源泉徴収票 最新年度のもの
給与明細書 直近1ヶ月分
所得証明書 最新年度のもの

アコムの借入れ方法

次はアコムでお金を借りる方法です。カードローンはATMを利用するイメージがありますが、サラ金のアコムでは多くの借入方法を提供しています。

ここでは、アコムのそれぞれの借入方法を紹介していきます。

振り込み

自分の持っている銀行口座にアコムが振り込んでお金を貸す方法です。

会員ページから依頼をかけることができますし、アコムのフリーコール(0120-629-215)から振込を申し込むことも可能。

なお、楽天口座の場合は原則24時間365日いつでも最短1分のスピード振込が可能です。ほぼ依頼と同時に借入ができるので、アコムと楽天銀行は相性抜群です。

ゆうちょ銀行は午後2時以降、その他金融機関は午後2時30以降に借入の依頼をかけると、翌営業日に振込が実施されます。金曜日ならば翌週月曜日になってしまうので、急いでいる人は注意してください。

金融機関 振込まれるまでの時間
楽天銀行 最短1分程度
ゆうちょ銀行 平日午後2時までの申込で当日中の振込可能
その他の銀行 平日午後2時30分までの申込で当日振込可能

口座振込

楽天銀行口座を利用すれば、24時間365日いつでも申請できるうえに、依頼した1分後には必要な金額を振り込んでもらえる。

提携ATM

アコムは提携している金融機関が多いので、自社ATM以外に提携ATMがとてもたくさん利用できます。

自社ATMは、大手サラ金の中でもNo.1の設置台数を誇りますが、身近にあるセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニATMが使えるので、とても利便性が高いです。

旅行先などで困るケースもほぼないでしょう。

「提携先の金融機関」

  • MUFG三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • Enet※
  • ローソンATM

※ファミリーマート、ミニストップなどに設置

取引金額 借入・返済
1万円以下 108円(税込)
1万円超 216円(税込)

提携ATMは、使えるATMが多いという点でとても便利ですが手数料が必ずかかります。アコムの自社ATMは手数料無料ですから、手数料の点でいうと提携ATMは見劣ります。

それでも一般的な銀行の預入・出金時のATM手数料と同額ですから、特別高い手数料というわけではありません。

提携ATMは、繰り返し利用するたびに手数料がかかることは頭の片隅にでも覚えておきましょう。

店頭窓口

アコムの店頭窓口に行って、借入ができます。しかし、窓口の数はそれほど多くありませんから、利用する機会はほとんどないでしょう。

アコムは全国22店舗です。店舗のない都道府県もあるわけですから、近所の自動契約機(むじんくん)や会員ページから振込依頼をかけるほうがカンタンでしょう。

返済の設定と方法

お金を借りることばかり考えていると足元をすくわれます。サラ金の利用は、返済がとても重要なのです。

ですから、ここでは、サラ金のアコムの返済方法や返済期日についてみていきます。

返済日の設定

返済日は2種類あり、好きな方を選べるようになっています。

  • 毎月払い
  • 35日ごと

返済日を毎月固定日にすれば忘れにくくなります。特に、給料日後の日にちに設定しておけば返済もしやすいでしょう。

「35日ごと」とは35日周期で返済日が設定されます。毎月支払う日が固定されないので、自分のペースで支払いたい人向けですね。

会員ページで期日は確認できますから、支払った35日後の返済日を頭で覚えておく必要は全然ありません。

それでも支払い忘れの懸念が払しょくできない人は、eメールサービスで携帯のメールアドレスを登録しておけば、返済期日3日前に通知が届きます。

また、30日間の無利息期間を希望する人は「35日ごと」の返済期日でないと利用できませんので注意してください。

振り込みで返済

銀行口座からアコムの返済用口座へ振り込んで返済することができます。振込の場合は、手数料がかかります。

このアコムの口座情報は会員ページの「返済時の振込入金口座照会」で簡単に確認できます。

ATMで返済

ATMは主に2種類あります。

  • アコムの自社ATM
  • 提携ATM(三菱UFJ銀行ATM、コンビニATMなど)

ほとんどのATMが24時間対応していて土日・祝日も利用可能。ATM利用時は手数料のかかる・かからないが気になりますが、アコムの自社ATMは手数料無料なのに対して提携ATMは最大で216円(税込)の手数料がかかります。

余計なお金をかけずに済ませたい人は、近所のアコムのATMを探して利用するとよいでしょう。

店頭窓口で返済

アコムの店頭は借入も返済も対応しています。手数料はかかりません。

店頭窓口は数が少ないうえ、営業時間が平日9:30~18:00。土日・祝日はもちろん平日夜の返済対応は無理になります。

普段仕事で働いている人にとっては決して融通の利くものではありません。店頭窓口でも返済は可能ですが、ATMや振込の返済の方がライフスタイルに合わせやすくておすすめです。

口座振替(自動引き落とし)

毎月6日に銀行口座から引き落として返済をすることが可能。自分で支払う必要がないので、返済の手間が最もかかりませんし、うっかり支払い忘れる心配もありません。

ただし、口座残高が不足すると支払いができませんので、残高は定期的に気にする必要があります。

6日が銀行の休業日ならば、翌営業日に引き落としが実施されます。

申込前に知りたいアコムの利用で気になるポイント

特にサラ金を初めて利用する人は気になることが多いでしょう。

そこで、ここでは、アコムで多くの人が気になった疑問を取り上げて答えていきます。

すぐにお金を借りたい場合、一番早い申込方法は?

サラ金のアコムのカードローンで、最速で簡単な手続き方法は次の通りです。

  1. 公式サイトで申込を済ませて審査を完了させる。
  2. 自動契約機(むじんくん)で、契約手続きとカード受取をする

電話や店舗窓口は先客がいると待ち時間が発生します。その点、公式サイトはスマホやパソコンから利用可能で、自宅や職場にいながら対応可能です。

3分とかからず入力できるので、ちょっとした空き時間で申込みができます。

カードの受取方法は「店頭窓口」「自動契約機(むじんくん)」「郵送」の3パターンありますが、即日の対応が柔軟なのは夜10時まで営業している自動契約機(むじんくん)です。

郵送は届くまでに数日かかりますし、店頭窓口は店舗数が少なく営業時間も夜6時までですので、ほとんどの人にとって利用しづらいでしょう。

在籍確認の際、職場にアコムの利用がバレる心配はない?

それでも心配ならクレジットカードの審査があるなど言い訳を考えておくといい

バレる心配をする必要はありません。借入はパライバシーに関わる問題ですから、アコム側が配慮して連絡をしてくれます。

在籍確認の電話連絡では、アコムは社名を名乗りません。担当者が自身の個人名で申込者宛に電話をかけるのです。「アコム」と名乗ることがない以上、申込者以外の職場の人が電話にでても、アコムだと知りようがないのです。

しかし、万が一にも知られるんじゃないと心配してしまう人は、在籍確認の電話がくるまえに、会社に「クレジットカードを作ったので在籍確認の連絡がきます」と伝えれば問題ないでしょう。

クレジットカードは一般の人も利用するカードですから、借金のようなマイナスイメージを与えることはないでしょう。

郵送でカードを受け取る場合、到着するまでどの程度時間がかかる?

郵送によるカード発行の場合、手元に届くまでに1週間程度かかります。

即日融資の希望者に適していませんが、申込んで2、3日以内にアコムを利用したいという人も郵送ではなく自動契約機(むじんくん)を利用した方が確実にカードを受け取ることができるのでいいでしょう。

まとめ

アコムは消費者金融(サラ金)です。

お金に困った人を助けるための金融機関として正式に金融庁から認可された業者なのです。

怖い取り立てや法外な金利の貸付は一切ありません。100%闇金ではないので安心してください。会員数が約150万人と人気があるのも優良企業の証拠でしょう。

サラ金の中でいくつか迷っているなら、アコムを選んでおけば安心。借りたお金はきちんと返済しなければなりませんから、返済計画をきちんと立てて利用しましょう。