返済

サラ金の一括返済で支払い額を滅額、メリットも多い利用方法を解説!

一括返済

サラ金のカードローンやキャッシングでお金を借りたら、毎月少しづつ定期的に返済をしていくのが一般的です。

しかし、少しでも早くサラ金のお金を返してスッキリしたいという人は「一括返済」がおすすめ。

ここでは、サラ金から借りたお金の残りを、全額一括で返済する方法を紹介し、一括返済のメリットや注意点を解説していきます。

一括返済を活用できれば、サラ金の借金を予定より安くすることができますのでぜひ参考にしてみてください。

一括返済って何?

サラ金からお金を借りると、何回かに分けて毎月少しづつ返済をしていきます。例えば、金利18%で10万円を借りて毎月5,000円ずつ支払っていくといった具合です。

この場合は2年(24回)で完済することになりますが、完済するときには約12万円と、借りたときより約2万円の利息を支払うことになります。

回数 返済金額 利息 残高
1 5,000 1,479 96,479
2 5,000 1,427 92,906
~~中略~~
23 5,000 136 4,365
24 4,429 64 0
合計 119,429 19,429

サラ金の多くは一括返済と言って、残りのお金を全額一度に返済することができます。

例えば、先ほどの例で、10カ月目の返済で一括返済をしたとします。すると、利息が約7,000円安くなることが分かります。

回数 返済金額 利息 残高
0 0 100000
1 5000 1479 96479
2 5000 1427 92906
~~中略~~
8 5000 1098 70330
9 5000 1040 66370
一括返済 67351 981 0
合計 112351 12351

一括返済は、結果として完済までにかかるお金を減らす効果があるのです。一気に借金もなくなりますから精神的にも楽になりますね。

一括返済をするメリットは何?

一括返済のメリット

一括返済をすれば、そのサラ金の借金が無くなります。借金がなくなると気分が楽になることはもちろん、そもそも定額を毎月支払うよりも途中で一括返済を行ったほうが良いメリットがいくつかあります。

ここでは、一括返済のメリットを取り上げていきます。

利息の総額を大幅に減らすことができる

サラ金からお金を借りると必ず利息が発生します。利息は1日単位で増えていくので、返済期間を短くすればするほど、支払う利息が安くなるわけです。

金利18%で10万円借り、1年かけて返済する場合は利息が約18,000円かかりますが、1ヶ月で全額返済してしまえば、利息は約1,500円です。

返済が長期化すればするほど、その分利息がかかります。サラ金に支払う利息を節約したいと考えているならば、一括返済をするためのお金を少しづつでも貯めていくといいでしょう。

信用が上がって金融機関側に良い印象が与えられる

信用力が付けば、カードローンの限度額増額もしてもらえる確率が高まる。サラ金は利用者を「信用」してお金を貸します。

延滞や滞納をすれば、約束通りにお金を返してもらえるか分からなくなるので、信用が下がります。しかし、一括返済をして完済すれば、借りたお金をきちんと返してくれる人という意味で印象が良くなります。

信用が向上すれば、利用している消費者金融の限度額の増額や金利を下げてくれるなど、今より良いサービスが受けられる可能性がでてきます。

一括返済の流れを解説

一括返済も月々の返済も、同じ「返済」です。違うのは、借金を完済するか・しないかの違いです。

しかし、手順や金額を間違えてしまうと、一括返済に失敗する可能性もあるのです。

ですから、一括返済するときは、原則サラ金のサポートに連絡をして、一括返済の金額・方法を確認しましょう。

金融機関 一括返済の手続き方法
アコム ・アコム総合カードローンデスクへ電話
・会員ページから振込先銀行口座と残高を確認し振込
プロミス ・プロミスコールへ電話
SMBCモビット ・フリーダイヤルへ電話
アイフル ・会員専用ダイヤルへ電話

サラ金に連絡して返済日と返済額の確認

一括返済で最も重要なのが「返済日」を決めることです。これは、利息が日割りのため、いつ返済するかで、利息の金額が変わるのです。

直近の返済日の10日後に一括返済するならば、10日間分の利息が、14日後ならば14日分の利息がかかるといった具合です。

また、一括返済時の金額は、四捨五入された切りのいい金額ではなく1円単位の端数になることが多いのです。

1円単位まできっちり同額を支払うことになりますから、計算ミスをする可能性がある手計算ではなく、一括返済の金額をサラ金のサポートへ問い合わせて確認した方が確実です。

一括返済をするときは必ずサラ金のサポートに連絡して、返済日と返済金額を確認しましょう。

一括返済の方法を選ぶ

一括返済の支払いをする方法は、通常の返済とほとんど変わりません。

  • 銀行振込
  • 口座振替
  • ATM
  • インターネット返済
  • 店頭窓口

など

ただし、一括返済の金額は、毎月の返済金額と違って切りのいい金額ではありません。

ATMの多くは硬貨非対応で1,000円単位の取り扱いになることがほとんどですから、サラ金によって、一括返済の方法は違ってきます。

ほとんどの場合、一括返済の返済日・金額を確認したときに、合わせて返済方法の案内をしてくれます。

一括返済で入金

一括返済の返済日を迎えたら、サラ金のサポートの案内にあった返済方法で支払いをします。口座振替の場合は自動で引落しになるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

銀行振込でサラ金の返済用口座に入金する場合は、銀行の営業時間に注意してください。多くの銀行は遅くとも15時頃が、当日振込の最終時間となっています。

書類・証明書の発送

住宅ローンや車のローンなどを検討している人は、審査の際、消費者金融のカードローンの完済を証明する書類の提出を求められることがあります。

完済証明書と言って、該当の消費者金融の借入がない状態を証明するものです。この完済証明書は、サラ金のサポートに連絡をするか、店頭窓口に行けば発行してもらえます。

ただし、サラ金の大手(プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット)の中で、アコムだけは完済証明書ではなく、残高が0円であることを証明する残高証明書の発行になります。

サラ金の一括返済4つの注意ポイント

一括返済の注意点

借金をなるべく安く済ませるためにも、可能であるならば一括返済をしましょう。

ただし、一括返済は特有の注意点がいくつかありますので、いくつか紹介していきます。

余裕のある時だけ一括返済を利用する

一括返済の金額にもよりますが、普段の生活が厳しくなるような高額な金額で、サラ金の全額返済をするのは止めましょう。全額返済した後に、生活苦でまたキャッシングを利用するとなると結局状況は変わりません。

出費の多いイベントや行事が控えているようならば、一括返済は無理にすべきではありません。一括返済をしても生活に影響を与えない余裕のあるときに行いましょう。

事前の連絡が必要になることもある

一括返済をする場合は、事前に連絡が必要になるケースがあります。サラ金のプロミスやSMBCモビット、アイフルは、一括返済時は必ず事前に電話連絡をするよう公式HPでアナウンスしています。

特に、口座振替で一括返済をする場合は、いつサラ金側が引き落とすか日程を事前に把握していないと対応ができません。

いかなる方法で一括返済をするにせよ、事前にサラ金に連絡をしておけば間違いはありません。

お釣りが出ない可能性がある

銀行や提携ATMの場合、硬貨非対応のものも多く、一括返済の金額を正確に支払うことができません。

1,000円単位の取り扱いですから、多めに支払えば、数百円余分に返済することになります。

しかし、多めに支払って残高が0円にならなくても、以降その残高は「無利息残高」と言って手数料も利息もかかりません。

このような数百円単位の残高はATMで対応できませんから、サラ金の多くは銀行振込で返金対応してくれます。

このような手間を考えると、1円単位まできっちり支払える銀行振込やインターネット返済が、一括返済がしやすくておすすめです。

完済したとしても契約は続いている

サラ金の借金が0円になっても、再度必要なときに持っているカードローンでお金を借りることができます。

但しここで勘違いしてはいけないのが、一括返済は、借金がなくなるだけで、解約とはならないということです。

一括返済後、サラ金を利用するつもりがない人は、電話連絡をして解約手続きをしましょう。

まとめ

サラ金の一括返済の方法、メリットや注意点について解説をしてきました。

一括返済についてポイントをまとめます。

  • 一括返済は、返済日をいつにするかで返済金額が変わる。
  • 一括返済するときは、事前にサラ金に連絡して返済金額、返済日時、返済方法を必ず確認しよう
  • 一括返済をしても解約にはならない。解約手続きは別途必要。

1日早く完済すれば1日分の利息が、1ヶ月早くならば1か月分の利息が節約できます。

借金が無くなれば気持ちがその分楽になるはずですから、一括返済することを念頭にサラ金を利用していきましょう。